学会概要

OJについて

21世紀に入りインプラントが歯科治療の中でも主流を占めるようになってきました。
全国の様々なスタディークラブでインプラントについて独自の研鑽を積み、臨床的な結果も出してきましたが統一した見解はなかなか得られませんでした。

そこで狭い範囲でディスカッションを行うのではなく日本の将来を考え、お互いに情報交換を行う事のできる場を持ちたいということでこのOJ は始まりました。

2月のミッドウインター、7月の年次大会、9月のロスアンジェルスでの OSCSC との合同ミーティング、と年3回の行事の中で会員の知識と臨床の質を高めるということを目的に、本当の意味での歯科臨床におけるインプラントの位置づけ、というものを確立していきたいと考えています。

学会情報(2017年1月現在)

名称
Osseointegration Study Club of Japan
(略称:O.J.)
設立
2002年6月
所在地
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
一般財団法人口腔保健協会内 (googlemapで地図を見る)
TEL: 03-3947-8891 FAX:03-3947-8341
代表者名
会長:三好敬三
会員数
600名
事業内容

2月

ミッドウインターミーティング
(16名程度の会員発表によるディスカッション)

7月

年次大会
(ミッドウインターからの選出による6名の会員発表と、
その時代におけるトピックス的なシンポジウム)

9月

ロスアンジェルスにおける、
OSCSC (Osseointegration Study Club Southern California)との
合同ミーティング(3名程度の日本人演者の派遣)

 

会則

会則はこちらをご覧ください。